国際派アラフォーによる投資実践

(諦めないぞ私の資産運用!!)

国際派アラフォーのtataraです。 資産運用をコツコツと。

2014年01月

3本の柱のうち、鉄板株を紹介します。

1.マニー
2.キャノン
3.武田製薬
4.HOYA
5.コマツ となっています。

いろんな意見があるとおもいますが、 自分はこの5つの株を自分の投資の中心に沿えていこうと考えており、15-20年保有を視野に入れています。
もちろん、何があるかわかりませんので、何かしらの変化がある場合はフレキシブルに対応したいと思っています。

配当金、分配金、FXスワップは、すべてこれら上記のどれかの購入に充てたいと思います。

また少し南アフリカランドを仕込みました。
これで、レバレッジが1.96倍まで上がりました。自分としては理想的だと思います。
これで、おそらく一日のスワップは100円を超えてくるでしょう。

キャプチャ

昨日とはうってかわって、一気に日経平均が上がっています。

資産が昨日より15万円ほど増えています。2日前は13万円減りましたが、その分が戻った感じです。

南アフリカランドも上がりましたね。少し仕込んだことにより、今朝確認するとスワップが一日92円となりました。少し前まで50円くらいしかなかったので、約倍になりました。92円なので、年間では 約35000円くらいになりますでしょうか。まあ、チリも積もればということでコツコツとやっていきます。2-3年に一回は、南アフリカランドは9.1円くらいに下がるので、そこが仕込むチャンスとなります。長期的視点で、コツコツとやっていきたいと思います。9.1円くらいで購入して、レバレッジを2倍くらいに抑えておけばまずはリスクは回避できると考えています。

日経平均、やっぱり下がりました。自分の単一株およびETFも2%ほど下がりました。
しかし、想像よりもソフトな下げであり、ちょっと拍子抜け感はあります。

キャプチャ

南アフリカランドは、ほとんど変動がありませんでした。
少しだけ新規購入し、レバレッジが1.5強まで挙がりました。
もう少しだけ上げて、1.8倍くらいにしたいと思っています。

(現在、海外なので記事内容に時差が生じてしまいます。。ご了承ください) 

現在、仕事で海外に来ているので日本の明日の朝はこちらの今日の夜になるのですが、明日の日経平均の暴落は必至の状況になってきましたね。

キャプチャ

日本経済新聞の記事によると、新興国の通貨の急落がすごいことになっています。
私も、FXで南アフリカランド-日本円をやっているので、心中穏やかではありません。しかしながら、リスクに対するヘッジおよび心構えはしているつもりなので、静観しようと思っていますし、あわよくば追加購入も考えています。

日経平均は、暫くさがるかもしれません。4月以降が前倒しになるイメージでしょうか。とりあえず10-15%くらいは下がるかもしれないと考えています。
 
 

中国経済が失速するとの懸念が強まっているそうです。
それに反応して、新興国の通貨の多くが下落しています。

南アフリカランドも、下がっています。そして株価指数も1.1%以上の下げを記録したようです。

これは、波乱含みです。しかし、ピンチをチャンスと捉えたいと考えています。

 

2014年からNISAが始まっていますが、始まるタイミングで以下の株を購入しました。
いわゆる株主優待と言われる株群であり、NISAの恩恵を受けて上がるのではないかと予想し、購入に踏み切りました。

吉野家、スターバックスは順調に株価が上がっていますが、イオンが低調です。ビックカメラ、カゴメ、マクドナルドはどうなるでしょうか。

購入額から40%上昇すれば、随時売却していきたいと考えていますが、うまく行くでしょうか。

キャプチャ

↑このページのトップヘ